My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

メゾン・ド・ヒミコ(ネタバレ有り♪)

監督は犬童一心、脚本は渡辺あや。これって「ジョゼと虎と魚たち」のコンビです!

まずは、オダギリジョーしびれました!!!!

格好良すぎ。彼の演技サイコーでした。あのファッションも”むふふ”って感じだったし・・・

オダギリジョーにキスされるなんて想像しただけでくらくらしちゃいますよ!(笑)

この映画は、観てる間に”わー面白いや”とかって感じじゃ無くて

終わってから考えさせられたり、心に残るシーンやセリフがある映画でした。

ヒミコが「あなたがス・キ・よ」って言ったシーン。

沙織が、触りたいところなんか無いんでしょって言ったラブシーン。(ズキンときました)

春彦が「細川が羨ましかった」って打ち明けた時の

沙織の涙の理由が痛かった。私もほろってしてしまった・・・気持ちすごく共感できたし・・・

お母さんが内緒でお父さんに会ってた事がわかった時の気持ちは

複雑だっただろうなぁと推し量ってました。

だって、自分たちを捨てて2人で憎んでたと思って過ごしてきたのに、

実は母親はずっと愛してたんだもんね。

沙織はむかついただろうね。

春彦は沙織に対して、やっぱり好感を持ってたというか、好きって気持ちもあったと

思います。恋人に似てるってだけでなく・・・

だって最期の壁の落書きは(ウェルカム)はその証です。

沙織は、もちろん彼のことが好きだっただろうし、より複雑だった気が

して、少しお母さんの気持ちも分かってあげられたのかもって思います。

(好きな人がゲイ・・・って)

好きって言うのは体の関係だけじゃないんですよね、きっと。

寝なくても好きだったり、寝ても好きじゃ無かったりするんですもん。

ヒミコ役の田中泯 って舞踏家らしいですが、

ホントきれいでした。凛としてあの役に相応しいと言うか・・・

たそがれ清兵衛」ではすごい殺陣を見せてくれていました。

あの人もはまり役でしたね~

じわんと心に残る映画でした。

忘れないと思います。