My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

楽園

宮部みゆき著、上下巻「楽園」

宮部みゆき作品の中の、何故か未だ読んでいない唯一

模倣犯」の続編・・・

それでも、読んでなくても充分に楽しめました。

サイコメトラーの話が出てきたり・・・ドキドキわくわくして上巻はアッと言う間に。

そして、下巻は展開が早く、読むのが止まらず・・・

読み終わった今、感想がうまく出てきません。

重いモノがずっしりと。

何かに囚われている心を呪われていると言う表現は京極夏彦

京極堂シリーズを思い出したり。

家族に”ろくでなし”が居た時に、どうすれば良いのかと言う問い。

小説中の”ろくでなし”は犯罪者だったけど、犯罪者に関わらず、

家族にとって頭を悩ませる、そんな家族が存在した場合、それをどう考えるか・・・

力を尽くしても、どうにもならないこともある。

じゃあ、どうすれば良かったんですか?と言う問いに答えられなかったのは主人公滋子。

しばらく本の事を考えながら楽しめそうです。(楽しむと言うのとは、ちょっと違うかな)