My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

夜は短し 歩けよ乙女(森見登美彦)

あぁ、面白い本と出会えると何て幸せなんでしょう

この本の読後感は、温かくてふわふわした心地に

舞台は京都

京都大学の学生さんが登場人物

サークルの新入生の女の子を見初めた先輩が

彼女の行く先々に偶然を装い出没

「奇遇ですね」と彼女との距離を縮めるべく

外堀を埋めるのに没頭(笑)

先輩の恋の行方はいかに

春の木屋町先斗町

夏には下鴨神社の古本市

秋には大学祭

冬には町中が閑散とするほどの風邪の大流行

詭弁論部に神出鬼没な韋駄天コタツ

大学構内に出没するゲリラ演劇「偏屈王」

気持ちを表現する文章も可愛くて・・・

私はふいに、お腹の底が温かくなる気がしました。

まるで空気のように軽い小さな猫をお腹にのせて、

草原で寝転んでいるような気持ちです。

森見氏のブログ発見!

タイトルが格好良いね

この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

あぁ

舞台も有ったんだ

終わってる[E:weep]

そうそう

お友達がかなりの本好きだってコトが判明

図書部つくりましたよ!

私が部長です

読んだ本の交換っこしたりする予定