読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

もの食う人々

辺見庸著(角川文庫)

去年、半分読んだままになってたのを最初から読み直しました

人々の食べる営みを巡り(一緒に同じ物を食べ)、

世界に触れるための長旅のルポルタージュ

ダッカの残飯、ピター、猫用缶詰、染む田牟、キャッサバ

ジュゴンの骨の粉末、スズメ、フォー、バインザイ

ドイツの囚人食、ドナー・ケバプ、サチカオルマ

ボグラッチ、旧ユーゴ難民向け援助食料、アドリア海のイワシ

塩コーヒー、チェルノブイリ放射能汚染食品等々

バングラデシュでは

富者の残飯が売り買いされ、それを買っている貧者の存在

鮮度が落ちると値が下がる

フィリピン先住民アエタ族

ピナトゥボ大噴火で山の生活を捨てて下界へ

食生活がガラリと変わった

食器 バナナの皮→食器

(良い匂いはしないし、洗わなければならない)

アエタ族の長老が酒について

「酔って考えることと、さめて考えることが違うなんておかしなことだ」

(アエタには酒を飲む習慣も付作る伝統もない)

どんな人も食べなければ生きていけない

どんなモノでも食べなければならない人も居る