My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

おくりびと(ネタバレ有り)

しみじみ良かったなぁと思える映画でした。

納棺師と言う仕事を通して

色んな人の、家族との別れを見、

きちんと見送る準備をしてあげる納棺師の仕事には心を動かされ。

(納棺師の所作が、ものすごくキレイで格好良かった!儀式的な感じ)

山形の自然は美しく、季節の移り変わりと人の生死が重なり。

人は生きるために命有る物を頂き。

きっと、どんな仕事も誇りをもてるものだと思う

それに気付いてないコトは多いだろうけど

自分の仕事についても考えさせられました

音楽も風景も美しくて

絶品でした

チェロの音が心地良い~[E:confident]

(ここチェロをチョロとタイプミスしてたんだけど、気付いたダンナに大受けで

朝から散々チョロ、チョロって言われましたw)

面白かったのは

石文

文字がなかった時代に

自分が伝えたい気持ちに近い

重さや手触りの石を相手に送ったとか

そう言えば「石文」って本が映画から生まれたとかって

販売中です。

どんな内容なんだろう・・・

映画の中で気になったコト

自分の仕事を理解して貰いたかったら

奥さんにも、自分の言葉で説明するべきだったと思う

例えば、実家に帰るあのタイミングで話せなかったとしても

自分の言葉で分かって貰おうと努力して欲しかったのに

でも、あの治まり方は映画の本題では無いにしても

やっぱり引っ掛かるよ