My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

ナラタージュ

島本理生著の純愛小説。読もうと思ったきっかけは、mixiにコミュニティを見つけ、コミュがあるくらいだし面白そうかなと思ったので図書館で借りてきました。文章は淡々としていながら、引き込まれ一気読み。葉山先生は、主人公にとってホントに特別な存在で、別の人と一緒に居ても、結局忘れられない人で・・・そして、それは葉山先生にとっても同じだった。葉山先生の選択は悲しいけど、良い人の見本みたいで、でも正直じゃない気もするので、理解はしにくくて^^;小野君は、最初の印象があんなに良かったのに、恋が変えちゃったのかと思うと寂しくて。別れるシーンが悲しかった。そして、なんと言ってもラストが切なかった。

この本を映画にするなら、葉山先生は西島秀俊が良いなぁと思いながら、コミュを覗いたら同じコトが書かれてたので笑いました^^;