My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

星々の舟

niftyのサークルのお友達が面白かったと書き込みしていた本を読んでみました。

村山由佳「星々の舟」文藝春秋

母の死後、家政婦に来てくれていた志津子が子連れ同士で父と再婚。2人の息子、貢と暁。そして志津子の連れ子の紗恵と父と志津子との間に生まれた美希。貢の娘、聡美。それぞれが主人公の各章で家族が綴られている。

頑固者で無口で、亡くなった母には暴力もふるっていた大工の父、そしてその父の戦争体験。みんなを繋ぎ止める要になろうと末娘を演じていた美希、暁と紗恵の秘密。ぎくしゃくしていたそれぞれの関係の中、何を思っていたのかを知ると切なくなる。みんなそれぞれが優しくて辛くて、それでもどうにもならない事もあったり・・・

聡美が壁にぶつかった時に祖父がかけてあげた言葉が良かった。紗恵の静かだが激しい想いにも感動。