My Favorites Things

日々の記録 山行 食べたもの 読んだ本 見た映画などイロイロ

読んだ本と観た映画

■Book

京極夏彦陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)」

生きている事の意味とは?19年間も館の外に出たことの無い伯爵に纏わる謎の事件の真相とは?今回の蘊蓄話は儒教儒学。難しいけど、読んでいる時だけは分かったような気になって読んでます^^;京極堂の座敷に人が集うシーンでは、自分もその場に参加しているかのような嬉しさを感じてしまう、これって中善寺ファンの心理なのでしょうか。

(中善寺が登場してくると一気に読書ペースが速くなるのです)

■Cinema

「単騎、千里を走る」ネタバレありです

中国人の子役が可愛かったのと中国の何て村か忘れたけど、1人の客人の為に村民が戸外に卓を寄せ、長い1つの卓にし食事をするシーンと、中国のごつごつした岩?みたいなのがある自然の映像は良かったけど、全体的に何なんだって印象。(好きな方、ごめんなさい)仲違いしていた息子が癌だって言うんで、息子のやり残した事をするために中国に渡るのだけど、息子の最後には間に合わず・・・って言うか帰る気無かったんでは?って思ってしまった^^;

ミュンヘン

ホントにあった話なので重いです。ミュヘン事件を全く知りませんでした(旦那に「え!知らないの?^^;」って言われましたが)民族問題って難しいです、無知なのが恥ずかしいです。自分を犠牲にしてまで民族の為に働くのがしんどそう・・・そして最後は疑心暗鬼に陥って精神的にもおかしくなってしまってたし・・・さすがアカデミー賞候補の作品でした。料理作ってるシーン、食べてるシーン美味しそうでした。殺戮シーンはえぐい。